カテゴリ:慢性腎不全( 19 )

定期血液検査11回目。

本日は。3ヶ月に1度の定期血液検査。
ニコの慢性腎不全の経過観測。
腎機能の指標とも言える、尿素窒素とクレアチニンの数値を追っています。
■ 結果
BUN :19(基準値 7−27) クレアチニン:1.1(基準値 0.5−1.8)

はい。今回も基準値内に治っていて、全く問題なし。
元気ですので、さほどの心配はしていなかったものの、今回は不安もありました。
閉店期間を良いコトに。アジリティへ頻繁に通えました。
レッスン時には「特別おやつ」と称して、いつもは控えている肉を多用したんです。
(慢性腎不全はたんぱく質を制限する必要があるのね。)
コレが。ワルい目に出るかなぁ。。。と心配でした。
でも。全く。問題なかった。
先生からも「ほんとーに不思議なくらい安定している。」
このまま維持出来るよう管理してあげて下さい。と。

ナニが良かったのか?分かりませんが・・・(1番は若い内に早期発見できたコト。)
ワタクシが出来たコトと言えば・・・

● 水分多め(日に400cc)
● ゼオライトや乳酸菌のサプリ
● 保腎効果(温める)のある漢方薬

ま。どれが良かったのかは分かりませんが、慢性腎不全と診断されてから丸2年。
1日も体調崩さず元気に過ごせています。
慢性腎不全=ヤレるコトが少なくて、見守りが主みたいな感じですが
早期発見できれば、早期対策が打てるもの。腎臓の検査は大切です。

病院の帰り道。ひっさびさにニコさん専用ボールを購入〜
コレは。フィールドのT先生おすすめ。あみあみボールにたまごちゃんを仕込む。
前回の紐付きボールはルカ独り占め。になっちゃったからねー
小型犬(大型犬も?)では、嫌いなワンコはいない?鉄板のボールですが
ハードバイトなルーちゃんにかかると一瞬で壊されてしまう。
優しくそっと咥えるニコさんなら長持ちしてくれるコトでしょう。(笑)


検査結果経過。
by asakoaa | 2017-02-27 19:57 | 慢性腎不全 | Comments(0)

ぬか喜び。

クリスマスには程遠い〜下の話です。
トイレに残るニコのチッコ。
濃い! 濃い!! 濃い!!!
ルカと遜色ないくらい濃い!嬉しいっ♪
(慢性腎不全っ子は尿を濃縮できずチッコが薄い。薄い水のようなチッコが特徴です。)
治るコトはアリエナイ。とされる腎機能だけど、まさかの回復?

なんて。思ったのも束の間。。。 (´・ω・`)
コレは。ズバリ。「ビーツ」の色素が出ただけでしょう。(涙)

ぬか喜びではありますが。
ビーツ:店では定番の前菜ではありますが、ワンコおやつに取り入れたのはつい最近。
血行促進に効果があるそーなので、ニコにもいいかもね?と。(分かりません。)
他にも健康効果があるそーなので、時々は取り入れようかな。

by asakoaa | 2016-12-25 22:31 | 慢性腎不全 | Comments(0)

温灸器。

ニコが慢性腎不全と診断されて、定期的に検査に通い始めて早1年と8ヶ月。
検査結果の数値は毎回、基準値内に治っていてくれて
それはそれは。喜ばしいコトなんですが。
では。その間。現状維持。であったのか?については微妙なところ。
いえ。ニコは元気ですし、コレといって目立った症状はないのです。

でも。もやもやする。
一度とは言え。基準値を超えて、慢性腎不全と診断されているんです。
ニコの腎臓が弱っているのは、間違いない。
腎臓は沈黙の臓器&再生しない臓器。です。
目に見える症状が出てからでは遅いのです。

でもサ。病院というものは。目に見える症状が出ないと対応してくれません。
症状によって、対応が決まる。まずは。症状ありき。
ニコのように検査結果に問題なく、コレといった症状もない場合。
「はい。今回も問題なし。ニコちゃん元気だね。」でお終い。
「問題ないから、こんなに頻繁に検査しなくてもいいよ。」とまで。 ┐(´-`)┌

ま。病院とは。そーいうもんです。
でも。もっと。なんと言いますか。先回りした「予防法」を教えて欲しいのよ。
あ。病院からの予防法もあったっけ。
1. 療養食への切り替え。2. リンの吸着剤を飲ませる。 3. ACE阻害剤の服薬。
でも。ワタクシはイヤだった。(ステージが進んでいたら、取り入れたと思います。)
まだ初期段階ですので、即薬。なんではなくってナチュラルなケアはないものか。
薬の処方じゃなくって、腎臓に良い食品とか、ケア方法とか。教えてほしかった。
もっと。欲を言えば。ニコの身体の様子を確認して
「あーこの子は◯◯だから、こーした方がいいよ。」みたいな個別指導が欲しかった。
でも。そんなのムリねー!!!(病院の立場から考えてみれば、当然です。)
ならば。飼主が診るしかないでしょう。
むしろ。飼主にしか分からないコトなんです。

腎臓とはカンケーなく。(いえ。カンケー大アリですが。)
ワタクシが。ニコさんの体で一番に気になっている点は。

ズバリ。「血行が悪い。」

・体温が低い。(ニコの平熱は37℃半ば。小型犬としては低い。)
・舌の色が悪い。(貧血のような白ではないけれど、紫色気味。)
・肉球が冷たい。

血行促進&代謝をUP!「あっためる」コト。
で。やっと。本題の温灸器。
煙出ない。熱すぎない。安全であて易い。匂いはちとあり。

ルカ警戒中〜
気持ちいいそーで、ニコさんは嫌がりませんでした。
炭の燃焼時間は2〜30分程。背骨に沿って〜尻尾の付け根まで
少しずつずらしながら当てる。腎臓のツボには重点的に。
腎臓にダイレクトに効く薬はないけれど、違う視点からケアしてあげよう。

松本の冬は寒いからねー
あったかくしよう♪

by asakoaa | 2016-11-29 22:48 | 慢性腎不全 | Comments(0)

定期血液検査10回目。

25日はニコの日。と言う訳で、病院へ。
あ。本犬の体調不良は全くなし。
単なる、慢性腎不全の経過を診る為。定期血液検査です。
今回の血液検査は健康診断を兼ねて、全項目でお願いする。

■結果
BUN :20(基準値 7−27) クレアチニン:1.3(基準値 0.5−1.8)
はい。今回も問題なし。他項目もオールクリアでパーフェクト♪
先週のルカに続き〜ニコにも新たな問題はなく。本当に安心しました。
慢性腎不全とは一生お付き合いするコトになるんですから
数ヶ月単位の検査結果に一喜一憂してはいられない。
これからも。出来る限り維持出来るよう、ワタクシに出来るコトはなんでもやりますよ★
本日の画像は病院後のSKYパークで。
雪の上に落ち葉が。初雪の早かった今季ならでは。の景色。
溶けた雪で路面もびしゃびしゃ。
濡れた服着てると余計に寒いわ。と脱がしてはみたものの。。。
足元が気になるらしく・・・いつもの弾けた笑顔は見られませんでした。涙。



〜以下、本日の病院でのコト。
(不愉快な内容です。嫌な方は読まないでね。)

本日の病院は、珍しく空いていました。
ニコと静かに診察待ちのところ・・・
「◯◯です。抜糸に来たんだっ!」
ずかずかと騒々しく入ってきた爺さんあり。
後ろにはワンコを抱っこした奥さんを、家来のように従えて。
「診察券はお持ちでしょうか?」可愛いお嬢さん看護師さんが応対する。
「ないよっ!覚えているだろう!!この前手術した◯◯だっ!!!」と。
「はい。少々お待ち下さい。」押し切られる看護師ちゃん。
「空いているんだろう。早くしろっ!」
病院へ連れて来られて不安げなワンコは「クーン。。。」
「うるさいっっっ!!!」怒鳴りつけてる。
直ぐに呼ばれて診察室へ入り〜直ぐに出て来る。すかさず〜
「会計してくれっ!」
更に驚いたコトには、奥さんに車のキーを投げつけ
「エンジンかけてろっ!」命令する。

待合室にいたワタクシ含め、全員が絶句。
なんと横柄で横暴で失礼極まりない。じじいなんでしょうか。
どんなにお偉い方だか存じ上げませんが。そんなのカンケーない。
常識知らずのあまりの態度に怒りを覚える。
ワタクシがじじいを嫌う、筆頭理由がコレ。
程度の差はあれど、田舎街にはびこっているんじゃなかろうか。
「横柄な態度。」
救急や重病で来院の子もいるかも知れない。(本日はいないようでしたケド)
それなのに。大声で怒鳴り散らし、負を撒き散らす。
「ナニを偉そうに。怒鳴り返してやりたかったわっ!(出来ないケド) 

老害。


検査結果経過。
by asakoaa | 2016-11-25 22:18 | 慢性腎不全 | Comments(2)
25日はニコの日。と言う訳で、病院へ。
あ。本犬の体調不良は全くなし。
単なる、慢性腎不全の経過を診る為。定期血液検査です。

■結果
BUN :16(基準値 7−27) クレアチニン:1.4(基準値 0.5−1.8)

<2015年>
■ 2月 : BUN29mg/dl クレアチニン2.2mg/dl(慢性腎不全と診断され服薬開始)
■ 3月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.3mg/dl(薬の効果か?基準値内に治まった)
■ 5月 : BUN20mg/dl クレアチニン1.4mg/dl
■ 7月 : BUN21mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■ 9月 : BUN17mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■11月: BUN21mg/dl クレアチニン1.1mg/dl
<2016年>
■ 1月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.2mg/dl
■ 3月 : BUN16mg/dl クレアチニン1.2mg/dl
■ 6月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.5mg/dl (薬・ACE阻害剤を止める)
■ 8月 : BUN16mg/dl クレアチニン1.4mg/dl (今回です)

診断から早、1年半が経過。
ずーと。安定して基準値内に治っている。
前回検査の2週間前からACE阻害剤を止め、今回まで。
2ヶ月以上、完全に止めてみました。
猛暑が続く夏を迎え、体調は?と常に気掛かりではありましたが
全く以って。ニコさんお感じなし♪
1日も具合悪そ。な日はなく。その結果が検査数値でも確認できて、安心です。
現状維持を保っていられる一番の理由は。
「早期発見」 「まだ若いから」
コレが老犬ですと。どんなに手を尽くしても。
坂道を転がるように悪化の一途を辿ってしまうケースも少なくない。
ニコにも。今後はきっと、色々出てくるでしょう。

特効薬なし。治療法なし。無い無い尽くしで飼主泣かせな腎臓ではありますが
(腎移植とか透析なんかもなくはありませんが。我が家では非現実的。)
「進行を遅らせるコトは出来る」
ご飯を見直し〜水分摂取を心掛け〜解毒のサプリや利尿&降圧作用のあるハーブを取り入れ〜 と。
一病息災。日々観察。・・・精一杯。維持しますよ。
c0140260_09041866.jpg
午後からはアジリティ&マッサージへ。
ルカの走りが素晴らしく、褒められました!
タイヘン良く出来ました★ @ルカ
c0140260_20345604.jpg

マッサージに癒されて〜魂抜けてるところ。(笑)

by asakoaa | 2016-08-25 20:38 | 慢性腎不全 | Comments(2)

定期血液検査 8回目

今日は病院Day ┐(´-`)┌

ニコルカとも病院へ。
狂犬病予防接種 とニコの 定期検診 です。
(狂犬病については思うところがホントーに多々あるんですが、結局は。義務なんだからしょーがない。と。。。)

そろそろフィラリアも狂犬病も終盤だろうから、そんなに混んじゃいない筈。。。
と思ったのは大間違いで、病院激混み。 ( ´△`)
********************************************************************************************************

今回の検査は、ちと緊張して挑みました。
なぜならば。1年以上服薬を続けていたACE阻害剤(フォルテコール)を
2週間位前から止めてみたのです。
他、利尿作用のあるハーブなんかも一時的に一切。止めてみました。
検査結果にどー出るのか?!ドキドキでした。

BUN :19(基準値 7−27) クレアチニン:1.5(基準値 0.5−1.8)

<2015年>
■ 2月 : BUN29mg/dl クレアチニン2.2mg/dl(この時点で慢性腎不全と診断され服薬開始)
■ 3月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.3mg/dl(薬の効果か?基準値内に治まった)
■ 5月 : BUN20mg/dl クレアチニン1.4mg/dl
■ 7月 : BUN21mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■ 9月 : BUN17mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■11月: BUN21mg/dl クレアチニン1.1mg/dl
<2016年>
■ 1月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.2mg/dl
■ 3月 : BUN16mg/dl クレアチニン1.2mg/dl
■ 6月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.5mg/dl (今回です)

はい。(数値はちと上がりましたが。)今回も基準値内。
なぜ。一切止めてみたのか??? と言いますと。。。

1. 本当に必要か?
ずーと基準値内に収まっている。
収まっているのが服薬の効果なのか?知りたかった。
そして、必要ないのだったら。止めたかった。

2. とっておきたい。
腎臓は治るコトはない。なので、今後絶対に悪化するんです。
悪化してもコレ!といった薬なし。
そんな時に何か出来る手段を残しておきたい。
*****************************************************************************************************************

■先生の所見■(お忙しいのに丁寧に答えて下さいました。感謝。)

まず。ワタクシの想う2.は「違う。」と。
ACE阻害剤は、副作用ほとんどなし。継続しても問題なし。
治療薬ではなく予防薬であり「とっておきたい。」と考えるワタクシは間違っている。と。
「服薬を止めても。数値にダイレクトに表れるコトはないでしょう。」

「ニコちゃんはずーと。基準値内で安定している。」
「薬に疑問を持たれる気持ちは理解出来ます。」
「正直。ニコちゃんのケースでは、薬の評価が判断出来ません。」
「次の検査まで、薬をなしにして、数値の推移を見守りましょう。」
と。
でも。最後には。
「こんな余裕のある相談を受けるのは嬉しいね。」
「腎臓絡みでは分かった時点でもう。手がないコトも多いから。」
とも。
**************************************************************************************************************************

あー!!!ワタクシは迷う。迷うのでっす。
予防なんだったら、やっぱり必要か。と思う。
でも。薬じゃなくて、食品やハーブでも降圧作用のあるものがある。
それらを取り入れて穏やかにケアしてやりたい。と思う。
でも。それらの食品やハーブは。
「ワンコがちゃんと消化吸収ができて、実際に効果を得られるものなのか?」には疑問がある。
私的な考えですが・・・良いと言われる食材をあれもこれもとご飯に取り込むのは
飼い主の自己満足なだけ。なんでは???とも。
消化に負担が掛かる。コレだけだってワンコにとっては大きな消耗です。
「毎日キッカブル!!!」が目標のワタクシは、いつもと違う食材を与えて
結果。下痢ピーなんてコトがあれば、猛烈に反省します。
コロコロとフードを変えたり、あれもこれもと。実験のよーに食材を増やしたくないのです。

今回も基準値内に治っていてくれて、嬉しい反面。迷いは払拭できず。 (-ω-;)
迷うわ〜!!!


注射後は安静!
退屈なニコルカ。
c0140260_2143897.jpg

c0140260_21432815.jpg

by asakoaa | 2016-06-21 21:54 | 慢性腎不全 | Comments(3)

定期血液検査 7回目

体調を崩しやすい春。
と言う訳で、今日はニコルカ揃って健康診断。(ニコは慢性腎不全の経過観測でもあり。)

まずは。ニコ。気になる腎臓関係の数値は・・・
BUN :16(基準値 7−27) クレアチニン:1.2(基準値 0.5−1.8)

<2015年>

■ 2月 : BUN29mg/dl クレアチニン2.2mg/dl(この時点で慢性腎不全と診断され服薬開始)
■ 3月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.3mg/dl(薬の効果か?基準値内に治まった)
■ 5月 : BUN20mg/dl クレアチニン1.4mg/dl
■ 7月 : BUN21mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■ 9月 : BUN17mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■11月: BUN21mg/dl クレアチニン1.1mg/dl
<2016年>
■ 1月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.2mg/dl
■ 3月 : BUN16mg/dl クレアチニン1.2mg/dl (今回です)

今回も基準値内。更に他項目も全く問題なし。のオールクリア。
元気ですので、心配しちゃいませんでしたが、やっぱり確認するとホッとします。
でも。こうも。数値が安定していると 「ナニも問題はないのでは?」 と思ってしまいがち。と言うか、思いたい。

「いえいえ。ニコさんの腎臓が弱っているのは最早、間違いなし。」とワタクシは確信している。
なぜなら。しっこが薄い。& 回数が多い。(対ルカ比)
慢性腎不全の症状の一つに多飲多尿があります。
多飲は分かりません。だって。ワタクシが連日のめのめと飲ませているのでね。自発的には飲みません。
ルカにも同じくらい飲ませています。
同じ条件であっても、ニコのしっこ回数は圧倒的に多い。そして薄い。

改めて思う。水。
ワンコの1日に必要な水分は(諸説ありますし、大型犬には当てはまらないと思います。)
1番簡単な計算ですと 体重g×0.06
6.8㎏のニコで言えば 400CC位。
8.3㎏のルカで言えば 500CC位。
コレって。慢性腎不全だから、いっぱい飲みましょうね。って数字ではなくて
なんの疾患もない健康なワンコに 「日々必要な水分量」 なんです。
ワタクシはフードに必要量をかけて与えているんですが、実際の量にびっくりしましたヨ。
(小型犬に対しては、ホントーに多いっ!と感じますのでね。)
ご飯というより、お粥というより、さらさら〜スープ。ですわ。

腎不全を知るまでは、こんなにはあげちゃいなかった。せいぜいお粥くらいでした。
いつでも水が飲めるようにはしておいたけれど、自発的に飲むってコトもそうはなかった。
「自発的に飲まない=足りている。」 とも思っていました。
c0140260_22451276.jpg

なぜ。若くしてニコに慢性腎不全がおこったのか?
遺伝とか。体質とか。って思っていた方がワタクシの気持ちはラクなので
「ニコは生まれつき弱い体質なのよ。」と思いたかったケド。。。
違う。
高タンパク&高リン食材を主としたおやつ(肉&チーズね)と水分が少なかったせいだ。と。

ワタクシのせいだった。
思い込みや無知って恐ろしい。勉強不足はワンコの寿命を縮めます。
ワンコにタンパク質は必須ですが、過剰に与えれば腎臓のろ過機能に負担がかかる。
更に必要な水分量(血液ね)が流れなければ、ますます負担倍増!
(ま。身体は複雑ですので、こんな単純なものでもありませんが。)

過ぎたるは及ばざるが如し。
悔やんでも。謝っても。今更どーにもならず。
悪くしてしまった腎臓ではありますが、悪い中でも今が1番良い筈。(進行性なので。)
とにかく。「今を温存!!!」です。

あ。ニコさんは元気ですし、今回も正常値ですので、ご心配なく。
ただ。ワタクシはネガティブ思考&リアリストなので、楽観する事が出来ないのです。

長くなったので、ルカの様子はまた明日〜
by asakoaa | 2016-03-23 22:52 | 慢性腎不全 | Comments(19)

定期血液検査 6回目

25日はニコの日。2ヶ月に1回の定期血液検査。病院Dayです。
慢性腎不全の経過観察の為の血液検査です。
まずは。結果から。
BUN :19(基準値 7−27) CREA:1.2(基準値 0.5−1.8)

以下、慢性腎不全の指標とも言える、BUNとクレアチニン数値の推移〜

<2015年>
■ 2月 : BUN29mg/dl クレアチニン2.2mg/dl(この時点で慢性腎不全と診断され服薬開始)
■ 3月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.3mg/dl(薬の効果か?基準値内に治まった)
■ 5月 : BUN20mg/dl クレアチニン1.4mg/dl
■ 7月 : BUN21mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■ 9月 : BUN17mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■11月: BUN21mg/dl クレアチニン1.1mg/dl
<2016年>
■ 1月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.2mg/dl(今回です)


定期検査も早回目。慢性腎不全と診断されてから、そろそろ1年が経ちます。
微妙な上下はありつつも、毎回基準値内に治っている。
ニコ自身にも体調不良は全くありません。(ワタクシ。とにかく観察してますので、その点だけは自信あり。)
今回も大丈夫だろーと思っちゃいましたが、やっぱり大丈夫だった★
ありがたいことです。本当に嬉しい♪

血液検査項目のクレアチニン(CREA)と尿素窒素(BUN)の数値を追っているんですが・・・
特に。クレアチニン値は腎機能の状態をダイレクトに表す指数となります。
腎臓が正常に働いていれば、尿として排出されるもの。
「血液中のクレアチニン値が高い=腎機能低下。」と言えるんだそーです。

慢性腎不全とは、治るコトはなく、徐々に悪化していくもの。
悪化の階段をいかに緩やかにしてやれるのか?が、飼い主に出来る唯一のコト。

ソレが、全く悪化していないんですからーっ!!!
ニコさん親孝行です★


先生もちと不思議そう。・・・?????(もちろん喜んでくれておりますが。)
発症の段階で、既に75%の腎臓機能が失われている。と言われるんですが
「ニコちゃんどーなのかなー?」と。
「もっと詳しく。40%位のラインで調べられる検査も出来るようになったのですが、受けてみますか?」と。

うーん。。。
結局のところ。腎機能が何%残っていようが知ったところで、今後のナニが変わるわけじゃない。(治療って殆どないのでね。)
知ったところで。ワタクシの心の持ちようが変わるだけだと思うけど。。。
ワタクシの性格としては、もし「そんなに壊れてなかったよ♪」なんて言われたとしたら、一気に油断し兼ねない。 
検査しない方がいいね。 (´ー`)┌

何より。コノ一年間の管理が間違っちゃいなかった。とのお墨付きを貰えたようで嬉しかった。
ワタクシ自身が大したコトをした訳じゃあないのです。
ご飯やサプリ、諸々の相談に乗ってくれたヒトっちさんには、心からの感謝です。
今後も 「現状維持。」 が目標でっす!!!
by asakoaa | 2016-01-25 18:34 | 慢性腎不全 | Comments(0)

定期血液検査 5回目

25日はニコの日。2ヶ月に1回の定期血液検査。病院Dayです。
慢性腎不全の経過観察の為の血液検査です。
c0140260_20201361.jpg

まずは。結果から。
BUN :21(基準値 7−27) CREA:1.1(基準値 0.5−1.8)
c0140260_2034324.jpg

以下、慢性腎不全の指標とも言える、BUNとクレアチニン数値の推移
■ 2月 : BUN29mg/dl クレアチニン2.2mg/dl(この時点で慢性腎不全と診断され服薬開始)
■ 3月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.3mg/dl(薬の効果か?基準値内に治まった)
■ 5月 : BUN20mg/dl クレアチニン1.4mg/dl
■ 7月 : BUN21mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■ 9月 : BUN17mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■11月: BUN21mg/dl クレアチニン1.1mg/dl(今回です)


c0140260_20212143.jpg

今回も基準値内に治まっていたし、クレアチニンの数値が下がっていたコトが何よりも嬉しい。
「調子良さそー♫」と思っていたので、さほどの心配はなかったケド、数値で確認すると尚更安心。
c0140260_2022483.jpg

思えば、今年の2月に慢性腎不全と診断され、早9ヶ月。ずーと。基準値内に治まっています。
診断直後は「慢性腎不全のワンコの余命は1.5〜2年ほど。」なんて言うサイトを見ちゃったりして
あぁ。。。と悲観的になりましたが、早期発見出来たのは、本当にラッキー♫なコトでした。
治らないけど。大事に温存して、長生してるワンコもいるもんね。「ニコも続けー!」
コレから先、ガクッと悪くなる事もあるだろうケド。ソノ覚悟もしているつもりだケド。一先ずは安心♫です。

上手にキャッチ出来ると足取りも得意げ♫
c0140260_2024645.jpg

ニコのお気に入りディスク。
c0140260_20291887.jpg

画像は本日午前中の散歩より。
午後から雨予報だったので、降って来る前に「一杯走ろう♫」

ルカも爆走〜(あ。コノ子は最近痩せている。ご飯増やしているのに痩せて行くー!増量&増量。)
c0140260_20261574.jpg

c0140260_20263836.jpg

今回の服も動きやすいそうで、全く問題なし。(正に。ワンパターンなので、当たり前ですが。)
目線を撮りたかったのに、カラスをガン見。のニコルカ。(かぁちゃん<カラス とほほな図です。。。)
c0140260_20282054.jpg

午後からは予報通り雨が降り出して、病院へ拉致されましたけど。。
今日も一杯走ったし、結果も良好♫ 今期一番の冷え込みで寒いけど。。。
良い日でした★
by asakoaa | 2015-11-25 20:46 | 慢性腎不全 | Comments(0)

定期血液検査 4回目

25日はニコの日。2ヶ月に1回の定期血液検査。病院Dayです。

まずは。結果から。
BUN :17(基準値 7−27) CREA:1.5(基準値 0.5-1.8)
いずれも基準値内に治まっておりました♫

今回は詳細な血液検査&尿検査も行いました。
血液検査は、1項目以外はクリア。
(引っかかったのはBASO:アレルギー・炎症・内分泌疾患・腫瘍等で増加。とありますが
 ニコ自身に症状が全くないので、治療対象にはならない。季節的なものだろう。と。)
気になるリンやカルシウム、カリウム、タンパクも基準値内に治まっておりました。
尿検査は、尿の比重は軽かったものの(水分摂取量が多いので軽くなるのは当然の結果でもあります。)他はクリア。

以下が、慢性腎不全の指標とも言える、BUNとクレアチニン数値の推移
■ 2月末:BUN29mg/dl クレアチニン2.2mg/dl(この時点で慢性腎不全と診断され服薬開始)
■ 3月末:BUN19mg/dl クレアチニン1.3mg/dl(薬の効果か?基準値内に治まった)
■ 5月末:BUN20mg/dl クレアチニン1.4mg/dl
■ 7月末:BUN21mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■ 9月末:BUN17mg/dl クレアチニン1.5mg/dl(今回です)


ニコの主治医は「F子動物病院のT先生」
ワタクシはこの方を信頼しております。余計なリップサービスや雑談は一切なし。
(繁盛している病院ですので、忙しい。そんな暇ないの。)
でも。問題があれば、言い難いコトであっても、ズバッと言ってくれる。
今回は疑問点を質問しよう!とメモ帳片手に行きました。そんなに混雑していなかったので、ラッキーでした。

以下〜T先生とワタクシの会話。
「慢性腎不全の子は水分の摂取量が多いので、ビタミンやミネラル、カリウムが流れてしまうと聞きますが
 サプリ等で補う必要はあるんでしょうか?」

「そもそも。現時点でなんでそんなに水分を摂取させるんですか?」(コノ時点で早々に会話が噛み合ないー)
「慢性腎不全の症状の一つである、多飲多尿の症状があれば、脱水をおこすので水分摂取は不可欠です。」
「でも。現時点でのニコちゃんには全く脱水症状は見られない。」

「えぇー!!!慢性腎不全=水分補給はセオリーみたいなものでしょう???」
「病気にはステージがある。ステージが進めば必要になりますが、今の段階ではそんなに与える必要はない。」
「いつでも綺麗な水が飲めるようにしておいてあげれば充分です。」
「確かに水分でビタミンやカリウムは流れますので、サプリで補っても良いですけど (どうせ過剰分は流れるし)」
「そんな必要があるのかどうか?検査結果を見ても正常値ですので、飼主さんの自己満足なだけだとも思います。」
「水分多めであってもデメリットは(殆ど)ない。メリットも薄いので意味がないとも言えますが、飼主さんが満足するなら良いのでは?」
「でも。過剰に与えるのは勧めません。」
「タンパク質やミネラルの制限も現段階では必要ない。」

「血圧が上がるようなストレスや運動はいけないとも聞きますが。。。」
「ニコちゃんの年齢で、今の段階であれば、運動制限は必要ない。ストレスのない環境なんてあり得ない。」
「もっと言えば。全くストレスのない温室状態では人も犬も生きて行けません。」
「現段階では、ナニも制限する必要はない。(ナニも追加する必要はない。)」

「では。ワタクシはナニをしたらいいのですか???」
「体調変化の兆しを見逃さない事。薬が良い効果を出しているので、服薬を忘れない事。だけです。」
「・・・・・」
「マッサージやお灸、ホメオパシーなんかはどうですか?」

「マッサージはいいね。飼主さんとのスキンシップだから。お灸に限らず身体を温めるモノは効果的だと思います。」
「ホメオパシーは何とも言えない。僕は根っからの理系なので、立証されていないモノに回答は出来ない。」
「日々楽しく過ごしてやって下さい。それだけです。」
「ニコはホントに慢性腎不全なの?(誤診ではないのかしら???)」
「慢性腎不全は間違いない。」
「でも。現段階では病気と言うよりは、腎臓の弱い体質。と言うように捉えて、その点をちょっとだけ留意しつつ過ごして下さい。」



あぁ。以前にも。同じ事を聞いたなぁー(@ひとっちさん。)
ワタクシだけが、空回り(先回り?)してる〜
アドバイスの元。(ちょっとね。)リンやタンパク質や水分量や運動量やら。気にしつつ行きたいと思います。
でも。ソレらは、毎日のコトで、明快な数値での正解を表せないものだから、ワタクシ。きりきりしちゃうのよー!!!
最後に 「Dr.googleに惑わされないようにね♫」 なんて。お言葉も。

日々楽しくったって。。。昨日も今日も雨だもんねー
室内遊び&トレッドミルで走って発散して頂きました。
c0140260_215117.jpg


ま。今回も基準値内で良かった★
by asakoaa | 2015-09-26 02:18 | 慢性腎不全 | Comments(0)

てんやわんや~!!・・の成長日記


by asakoaa