カテゴリ:病院( 19 )

はい。予定通り本日は病院へ。
暖かかった昨日とは一転。冬へ逆戻り。
寒いし、午後からは雨も降ってきたし、絶好の病院Day

春の病院は。狂犬病予防接種やらフィラリア検査やらで激混みです。
今日の今日でイボ取って貰うのは忙しくて無理かなぁ。とも思っていたんですが
ニコのイボを一目見た先生は「今日、取っちゃいましょう。」と。

局所麻酔&レーザーメスであっという間の処置です。
それでも。一針だけ縫いました。
他にもフィラリア検査&今年分の薬を購入。
ルカは半年振りの健康診断。
ルカは健康。とワタクシは思っているんですが
唯一。「コレステロール値が低い。」
数年に渡り、半年毎に検査していますが、ほぼ。毎回低い。
低いとは言っても。基準値を僅かに外れたくらいのものなんですが
何というか。「基準値を外れている=病気?」なんて心配性なワタクシは思いがち。
コレステロールが低い場合考えられる疾患は「肝不全、小腸疾患、甲状腺機能亢進症」
なんかが挙げられるそーですが、その場合。
コレステロール値だけではなくて、他項目の数値にも表れるそう。
ルカは他項目はオールクリアですので、まず心配なし。と。
「体質なんですか?」と聞くワタクシに「うーん。体質なんでしょう。」と。
ま。一安心です。

病院へ拉致され〜麻酔してイボ切り取られ〜散歩もなくて〜
ニコさん的には散々な日であったと思いますが
本犬は全くお感じなし。
ガッツガッツでご飯食べて、ケロッとして、今ではぐーぐー寝ています。
王子気質なニコさんはメンタルも強い。
流石に病院は不穏な場所。と分かっちゃいますが
過剰に怖がって吠えたり、暴れたり、そわそわして粗相したり。一切ありません。
淡々と平然と。かっちょいいもんです。(笑)
ご機嫌もワルくなし。(カメラにキンチョーしてるだけ。)
体が柔らかく、マズルの長いジャックは背中以外は口が届いてしまうのですが
有り難いことに、この患部には後すこーしのところで(笑)届きません。
ので。エリザベスカラーも必要なし。
(後ろ足で引っ掛くことは出来るので、数日は要注意ですが。)
まず。ニコさん自身が気にしていませんし、数日で傷も塞がるでしょう。

by asakoaa | 2017-03-31 22:32 | 病院 | Comments(0)

ルカにボツボツ痒いー!

ルカがしきりに痒がる。

お腹に赤いボツボツ7.8個確認。

気付いたのが、すでに夜だったので、どーにも出来ず。

夜中「かゆいー!かゆいー!!かゆいー!!!」と神経質にキリキリする。

あー痒いって辛いよねぇ。

痛いとか。気持ち悪いとか。不快感は様々あれど。

ワタクシも。「痒い」が一番の苦手。

搔くな。って止めたって、「かーゆーいぃぃぃーっ!!!」と。

案の定。朝には真っ赤に。

病院へ。

原因不明。様々な要因があって特定出来ないし、特徴的な発疹でもない為「わかりません」と。

抗生物質を服用するか。ステロイドの軟膏を塗るか。の2択。

はい。ステロイドを頂戴しました。

黄色の葉っぱがお似合いルーちゃん。

赤い葉っぱもお似合いデスよ♪

ステロイドは強い薬なので、継続使用出来ないけど。

ならば。一気に治してやろう。

ワタクシの作戦としては・・・

ステロイドを塗ったら即(舐めたり掻いたりさせない為)散歩へ。

疲れて痒みなんか感じないくらい。楽しくって遊び疲れる散歩へ。


病院はSKYパーク近く。

行き先はもちろん。SKYパーク。

がっつり&みっちり走って頂きました。

c0140260_22453157.jpg
案の定。帰宅するなり、ばったりキューなルーちゃん。

ステロイド塗って8時間経過。改めてボツボツ確認したところ。。。

ステロイドすごっっっ!!!!!

もう。うっすらとしか残っていない。

もう。痒がらない♪♪♪♪♪

ぶり返しが心配ではありますが、取り敢えずは。作戦成功♪

今回はついでに半年毎の健康診断&血液検査もお願いしました。

オールクリア。全く問題なし。良かった★


by asakoaa | 2016-11-16 23:00 | 病院 | Comments(0)
S☆Dさんでの訓練&ランチ後は石和動物病院へ。

なんで松本から石和くんだりまで出掛けるのかって。 w(゜o゜)w
「レプトスピラ」のワクチン注射の為です。

ニコルカともコアワクチンの抗体はがっつりあるので、余計なワクチンは打たせたくない。
打たせたくないのに、ワクチンって奴は大抵セット販売になっておりまして、6種だとか8種9種なんかになっている。
レプトスピラだけでいいのに、レプトスピラだけを単体で打ってくれる病院が少ないのです。(需要がないせいでもありますが。)

で。石和動物病院は、レプトスピラを単体接種してくれる稀有な病院です。
更に!ココのパパイヤDr. が好きなんです♪ (*´∀`*)
総合ワクチンの方が儲かるってのに、レプトスピラ単体接種を用意してくれてるってところで。 もう。大好きだー!!!
朴訥で素朴な、ほのぼのタイプ。時間を惜しまず、一生懸命分かり易く説明してくれる。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
「レプトスピラのワクチンってホントに必要なんですか?」 今更ながら聞いてみる。
「う~ん。。。なんともね。。。東京なんかもドブネズミが多いけど発症例は聞かないし。。。
 でも。野生動物は保菌率が高いと言われているから、山へ行くなら糞尿から感染する危険性があるし
 打っておいても損はないんじゃないかなぁ」
と。

一般的なワクチンについても聞いてみる。
「抗体価検査をして、抗体があれば打つ必要はないのですか???」
「え~と。。。でも。。。抗体価検査っていうのも一面だけを捉えたものだし、抗体があれば=大丈夫って訳じゃない。
 逆に抗体価の数値が基準を満たしていなくても、抗体の記憶があれば作られるものだし、抗体が付きにくい子は何度打っても付かないし。」

「えっ?!じゃあ大枚叩いて検査したって意味ないの?ちびの頃に総合ワクチンを打ったなら、もうワクチン接種は要らないってコト!?」
「・・・一概には言えないけど~(迷) 生ワクチンは一回打てば8~10年は必要ないものもあるし~(迷) 
 欧米諸国の獣医師協会や各機関の総合的な判断からすれば、3年に1回打てば充分なんじゃないかな。(迷)」
と。

う~ん。分かったような分からないような。。。 (ё_ё)
でも。動物病院と製薬会社(ワクチン)は商売で密接に繋がってますから。
病院だって商売。ワクチン接種はドル箱だし、なかなかはっきりと仰る先生は少ない。
ココの先生もはっきりと断言はしなかったけど、それは商売重視なのではなくて、彼の人柄なんだろうなぁ。

■ワクチン
我が家では。それでも年に1回抗体価検査をして数値の推移を見守りつつ
数値が下がった時は、その時々で相談。という形にしていこうと思います。
あ・でもレプトスピラは抗体が付かないの。山散歩へ行く為には年に1回は必要です。


今年も無事。レプト注射完了~

-------------------------------------------------------------------------------------------------

ところで。ココのところの暑さ。どーなってんの?! (((( ;゜Д゜))) 
涼しい清里の風に吹かれ~ S☆Dさんを後にした我が家は、更に涼しい~ 野辺山高原へ。

ヤツレンのソフト。(おいしー♪デス。)
c0140260_23154855.jpg

涼を満喫していざ病院へ。
一気に1000m以上も下るんですから、当然といえば当然ですが、石和は39℃超の灼熱地獄でした。 ヽ(;´Д`)ノ
病院の待ち時間中も車のエアコンが切れない。切れないっつのに効かない。

39℃始めて体験致しました。 撃沈。。。
by asakoaa | 2013-07-11 23:23 | 病院 | Comments(0)

お金の話

え~ 本日は 「お金」 について。
とかく。日本人は金銭のコトをはっきり言いたがらない傾向がありますが・・・
ニコの入院治療費は 「一体お幾ら万円に?」 なんて思っている方も、そうでない方もいらっしゃると思います。
 (そうでない方は、読まないことをお勧めいたします。下世話な話ですのでね。)
ワタクシも。ちと躊躇う気持ちがあるんですが・・・記録と参考の為、掛かった費用を以下に記載します。

---------------------------------------------------------------------------------------------

1. 事故当日 6/2 ¥102,795
2. 入院中の一時清算 6/2~6/7 ¥118,965
3. 入院中の清算&退院時 6/7~6/11 ¥67,515
4. 通院 6/12 ¥2,205
5. 通院 6/17 ¥3,885
6. 通院 6/24 ¥7,245 

全部の合計金額が ¥302,610 となりました。 (6/24で通院終了。一先ずのケリが付きました。)
でも。上記は単なる実費です。
他にも。心労/仕事への影響/通院に掛かる時間&交通費 ・・・何よりも。ニコの今後の筋力回復。
まだまだお金は掛かるし、お金には換算できない諸々もあります。
たった数秒間の出来事でしたのに、これほどの被害を撒き散らすとは。(事故ってそおいうもんですが。)
大枚叩いて誰も幸せにならない。 最悪のお金の使い方です。



この落とし前。どうつけてもらおうか?!
by asakoaa | 2013-06-26 01:32 | 病院 | Comments(6)

退院

本日。無事に退院致しました。
c0140260_20303343.jpg

ご心配下さいました方々。本当にありがとうございました。
感謝を込めて・・・朝子
by asakoaa | 2013-06-11 20:30 | 病院 | Comments(14)

術後5日

「時間薬」 byち~ちゃん とはよく言ったもので、日に日に元気になってます♪

が。首にはエリザベスカラー、足首には点滴チューブ、下半身は包帯グルグル巻き。の切ない姿。
包帯から覗く皮膚は丸刈りにされちゃってるし、まだまだ赤みも強い。
ニコさんはとにかく 「顔だけは」 素晴らしくカッコいい。(親ばかにお許しを。)
どんなに辛い目に合っている時でも、きりっと。凛々しい。
でもそれだけに。痛々しい姿とのギャップが激しい。
下半身の有様に一体何の冗談でしょうか。と。
イタいコントを見せられているようで、切なくなるのです。

明日/明後日は、どうしても時間が取れず、面会に行けません。
早く週末が終わって、迎えに行きたい。

少しでも前向きに・・・
入院中のニコに今してやれる事は何もなし。
退院してくれば、否応なくニコ優先となってしまいそうなので
束の間ではありますが・・・ルカの一人っ子生活を楽しくさせてやりたい。
ボール投げに、散歩に、訓練に(あ・少しだけですが。。。)
ル~ちゃんの笑顔に気持ちも紛れるってもんです。(笑)
by asakoaa | 2013-06-07 22:52 | 病院 | Comments(9)

術後4日

今日も逢わずに帰ろうかな・・・と思っていましたが
受付で看護士さんと話をしておりましたら「ク~ンク~ン」と鳴くニコの声が聞こえてしまって
堪らず面会。
(受付脇の廊下を進んだ直ぐのゲージに居るのです。ニコにも私の声が聞こえた様子。)
元気だったー♪
嬉しく嬉しくて狭いゲージの中で飛ぼうとして飛べず、エリザベスをガンガンぶつける。
もの凄い勢いで、バリバリおやつを食べて 「もっとくれー もっとくれー」 と。

傷口も綺麗だし患部の腫れも治まって来た。全く問題なし。
いつ退院できるのか?と聞きましたら、来週の月曜日までは経過を見守りたい。欲を言えば火曜日まで。
来週早々には退院できそうです。
by asakoaa | 2013-06-06 20:38 | 病院 | Comments(8)

術後3日

今日も病院には行ってはみたものの・・・ニコには会わずに帰りました。
無事を確認したい気持ちはありましたが、会ったところで何もしてやれませんし
「また置き去りにされる。。。」 と思わせるのが辛い。

先生に経過を確認しましたところ、目に見えて回復している。精神的にも安定している。
「ニコちゃんは強い子だねー」 と励まされ、ホッとして帰りました。

夜。既に習慣になっているルカの歯磨きをしながら
「今日もニコの歯を磨いてやれなかった。。。」
怪我に比べれば、どうでもいいことではありますが、切なく思います。

--------------------------------------------------------------------------------

本日は、次男ルカの様子。
いつも一緒にいて、何をするにも一緒。なアニキ(ニコ)が突然居なくなり、どれほど寂しがるか・・・と思いきや。

ルーちゃん全くお感じなし。 ヽ(;´Д`)ノ

ニコを探す素振りも見せないし、寂しがる様子でもなし。
普段から特別仲の良い兄弟ではありませんでしたが、挑発に乗りやすいルカは
ニコが 「やるか?!」 と言えば 「やるやるっっ!!!」 と興奮体質でしたのに
挑発するニコがいないせいか、なんだか凄くいい子ちゃんになっておりまして、ねずみ追いも致しません。
その分ワタクシへの依存が高く、べったり~な様子ではありますケド。

「兄弟犬を依存させあって飼育するのは、人間にとってはラクなことではあるけれど
そもそも犬とは。飼主と1対1での信頼関係を築くべきものであり
兄弟がいた方がいいだろう。と言う安易な人間的主観から2頭目を迎えるのはお門違い。」

とは。S☆D HITOっちさんの意見です。

ワタクシもタイヘンなお門違いをしていた訳です。
でも。ここ数ヶ月続けていたレッスンのお陰で、ルカはニコに依存するよりも飼主1番。と思えていたようで
突然ニコがいなくなっても、動じることなくボール遊びに勤しみ、普段と変わらず楽しく過ごせております。

コレばっかりは不幸中の幸いでした。
今更レッスンなんてね~ とどこかで思っていたワタクシは
S☆Dさんに通っていて本当に良かった。心底思えたんでした。

ルカも元気ですよ~♪
by asakoaa | 2013-06-05 23:14 | 病院 | Comments(10)

術後2日

犬って凄い。回復が目に見えて確認できました。
昨日は患部が痛いそうで、突っ立ったまま伏せる事も座る事も出来ず、小さく鼻を鳴らすだけだったのが
今日は尻尾をぶんぶん振ってくれました。
差し入れのおやつも食べてくれて食欲も問題なし。

術後の経過は良好です。
by asakoaa | 2013-06-05 01:01 | 病院 | Comments(4)

術後1日

手術が無事終わり、1日目。
面会に行って参りました。

 「1週間は感染症予防、血液検査の数値を確認しつつ、入院の必要があるけれど、経過は良好です。
 右後足内側の筋肉は7㎝以上断裂、他。広範囲にわたって損傷が見られます。
 断裂してしまった筋肉を完全に修復するのは不可能ですが、まだ若い子ですし回復力がある。
 今後、他部位がカバーするでしょうし (断言は出来ませんが) 歩行障害は出ないと思います。」


何よりも。 「歩けない。走れない。」 ような事態を1番に恐れておりましたので、本当にホッとしました。

面会時のニコは、意識もはっきりしていて、何よりも目に力があって
「あぁコノ子は大丈夫。」 と思わせてくれました。
ご心配をお掛けしておりますが、大丈夫です。

--------------------------------------------------------------------------------

さて。今回ニコの命を救ってくれましたのは 「石川犬猫動物病院」 です。
松本で犬猫飼いの飼主さんだったら、どなたでもご存知であろうと思います。
この地域では1番の高度医療設備が整っており、土日祝祭日でも24時間救急対応をしてくれる。
ただ。ネットで評判を検索してみると・・・「非常に悪い」
悪い1番は「高い」 2番は「横柄」

ワタクシは今回が初診でした。
日曜日の出来事でしたので、掛かり付けの病院が休みで、診てくれる病院は上記以外に思いつかなかった。
悪い評判は耳にしていましたので、本当は行きたくなかった。
一晩様子を見て本日いつもの病院に行こうかとも迷いました。
・・・でも。腹部の腫れがどうしても気になった。
結果。一晩様子見の間にナニがおこってもおかしくない。な状態でした。
もし。今回の事故が平日におきて、いつもの病院に駆け込んでいたとしても。
設備の整わない個人経営の医院では、対応出来なかったのでは?と思います。
評判が悪かろうとなんだろうと。緊急事態に対応してくれる病院があってくれて、本当に助かった。心から感謝しております。

評判悪い2番の 「横柄」 は全くありませんでした。
対応して下さったのは若い男性の医師で、分りやすく細かく症状を説明して下さいました。
何よりも彼は 「手が綺麗」 でした。繊細で器用そうな指。
初めてお逢いする先生だけど。これから即手術とか言っちゃってるけど。
「大事なニコを預けても大丈夫だろう。」 と思えたんでした。

唐突ですが。外科手術って器用な方。更には、老眼で目が霞む~なんてコトのない、若い先生にお願いしたい。
今回は深夜に及ぶ手術でしたので、若くてスタミナがあって、器用な彼にお願い出来たのは本当にラッキーでした。
(経験を積んだベテラン医師の魅力ももちろん捨てがたくはありますが。)

ニコが助かった。という結果論に偏った意見かもしれませんが、評判通りの悪い医院ではありませんでした。
24時間緊急対応をしてくれる病院はとても重要です。
本来ならば、こんなコトが起きる前からお付き合いしておけばよかった。
思い知らされました。



評判悪い1番の「高い」については、また後日~
by asakoaa | 2013-06-04 01:21 | 病院 | Comments(2)

てんやわんや~!!・・の成長日記


by asakoaa