フィラリア薬について想う。

ニコワン(あ。カメラね。)がご臨終〜となり画像が撮れないワタクシ。
ブログの更新もお休みしよーか。と思いましたが
ま。もともとが、自身の覚書ですので、今日想ったコトを。

雑草抜いてましたら、蚊に刺されました。
刺されたのは、今季初ではなくて、もう随分前から出てきてる。
ニコルカのフィラリア薬もそろそろ始め時。
フィラリア薬について想う。
何年か前に。「注射」を勧められ
年に一回注射するだけで済むし
確実に駆虫できるから、翌年から検査の必要なし。
冬に注射すれば、春の混み合う病院へ行く必要もない。
錠剤のように犬が吐き出す心配もない。
良いコトずくめですよ。
みたいな感じで強く勧められ、それでは。。。と深く考えず、注射をした年がありました。

レトリーブの途中で〜転がるルカ!
c0140260_00535825.jpg
こらー!!! 怒られて慌てて起き上がる。


でも。おかしいよねぇ?
一般的なフィラリア薬は、予防ではなくて駆虫薬。
蚊に刺されて入った幼虫を月に一回まとめて駆虫する。
投薬・駆虫の繰り返しの筈。
それなのに。年に一回の注射で良いとは?
幼虫を殺す成分が、一年中ワンコの血液中に残っているってコトですよね?
それって。考えてみたら、なんだか怖い。
ニコルカは注射はその一年だけで、錠剤に戻しましたが
良く考えずに勧められるがまま〜だった、自身を呪います。
フィラリア薬だけではなくて、ノミ・ダニ薬然り、ワクチン然り。
本当は使いたくないけれど、使わざるを得ないのなら。
自身のライフスタイルや住環境や犬の年齢や健康状態などなど。
ちゃんと考えて自身でも勉強しなさいよ。と。思ったのでした。。。
画像はカメラに残っていたニコルカ散歩〜

by asakoaa | 2017-06-07 01:02 | ワンコって | Comments(0)

てんやわんや~!!・・の成長日記


by asakoaa