定期血液検査 8回目

今日は病院Day ┐(´-`)┌

ニコルカとも病院へ。
狂犬病予防接種 とニコの 定期検診 です。
(狂犬病については思うところがホントーに多々あるんですが、結局は。義務なんだからしょーがない。と。。。)

そろそろフィラリアも狂犬病も終盤だろうから、そんなに混んじゃいない筈。。。
と思ったのは大間違いで、病院激混み。 ( ´△`)
********************************************************************************************************

今回の検査は、ちと緊張して挑みました。
なぜならば。1年以上服薬を続けていたACE阻害剤(フォルテコール)を
2週間位前から止めてみたのです。
他、利尿作用のあるハーブなんかも一時的に一切。止めてみました。
検査結果にどー出るのか?!ドキドキでした。

BUN :19(基準値 7−27) クレアチニン:1.5(基準値 0.5−1.8)

<2015年>
■ 2月 : BUN29mg/dl クレアチニン2.2mg/dl(この時点で慢性腎不全と診断され服薬開始)
■ 3月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.3mg/dl(薬の効果か?基準値内に治まった)
■ 5月 : BUN20mg/dl クレアチニン1.4mg/dl
■ 7月 : BUN21mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■ 9月 : BUN17mg/dl クレアチニン1.5mg/dl
■11月: BUN21mg/dl クレアチニン1.1mg/dl
<2016年>
■ 1月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.2mg/dl
■ 3月 : BUN16mg/dl クレアチニン1.2mg/dl
■ 6月 : BUN19mg/dl クレアチニン1.5mg/dl (今回です)

はい。(数値はちと上がりましたが。)今回も基準値内。
なぜ。一切止めてみたのか??? と言いますと。。。

1. 本当に必要か?
ずーと基準値内に収まっている。
収まっているのが服薬の効果なのか?知りたかった。
そして、必要ないのだったら。止めたかった。

2. とっておきたい。
腎臓は治るコトはない。なので、今後絶対に悪化するんです。
悪化してもコレ!といった薬なし。
そんな時に何か出来る手段を残しておきたい。
*****************************************************************************************************************

■先生の所見■(お忙しいのに丁寧に答えて下さいました。感謝。)

まず。ワタクシの想う2.は「違う。」と。
ACE阻害剤は、副作用ほとんどなし。継続しても問題なし。
治療薬ではなく予防薬であり「とっておきたい。」と考えるワタクシは間違っている。と。
「服薬を止めても。数値にダイレクトに表れるコトはないでしょう。」

「ニコちゃんはずーと。基準値内で安定している。」
「薬に疑問を持たれる気持ちは理解出来ます。」
「正直。ニコちゃんのケースでは、薬の評価が判断出来ません。」
「次の検査まで、薬をなしにして、数値の推移を見守りましょう。」
と。
でも。最後には。
「こんな余裕のある相談を受けるのは嬉しいね。」
「腎臓絡みでは分かった時点でもう。手がないコトも多いから。」
とも。
**************************************************************************************************************************

あー!!!ワタクシは迷う。迷うのでっす。
予防なんだったら、やっぱり必要か。と思う。
でも。薬じゃなくて、食品やハーブでも降圧作用のあるものがある。
それらを取り入れて穏やかにケアしてやりたい。と思う。
でも。それらの食品やハーブは。
「ワンコがちゃんと消化吸収ができて、実際に効果を得られるものなのか?」には疑問がある。
私的な考えですが・・・良いと言われる食材をあれもこれもとご飯に取り込むのは
飼い主の自己満足なだけ。なんでは???とも。
消化に負担が掛かる。コレだけだってワンコにとっては大きな消耗です。
「毎日キッカブル!!!」が目標のワタクシは、いつもと違う食材を与えて
結果。下痢ピーなんてコトがあれば、猛烈に反省します。
コロコロとフードを変えたり、あれもこれもと。実験のよーに食材を増やしたくないのです。

今回も基準値内に治っていてくれて、嬉しい反面。迷いは払拭できず。 (-ω-;)
迷うわ〜!!!


注射後は安静!
退屈なニコルカ。
c0140260_2143897.jpg

c0140260_21432815.jpg

Commented by シフォンです(^-^)/ at 2016-06-28 08:31 x
ですよね、ですよね、ほんと思いますよね。。
私もこの1ヶ月、手作り食にして、数値が悪くなるのか良くなるのか、病院の療法食を食べさせとけば良かった、と後悔することになるのか、とまさに葛藤した1ヶ月でした(T_T)し、腹くくりました。
でも、手作り食して、悪くなるってあるかな?私が食べてる物プラス、犬に必要とされる酵素やらオメガ等も入れたし、それも人にも必要なものやし、体重も変わらず、血液検査でクレアチニン以外は異常なしやし。手作り食した1ヶ月も異常なしやったし。療法食と呼ばれるものにも発がん性物質使われてるやん。と。

もう、どうなっても全ては私の責任。シフォンの寿命が縮まっても、私がしたこと、悔いはない、と思い1ヶ月過ごしました。

毎日シフォンの目を見て、身体を触り、散歩の歩く姿を見て、ハードルを跳ぶ前脚後脚も見て、、と日々観察。今まで流してたとこ見るようになりました。
病気って、気持ちだけで、良くも悪くもなるし、私の気持ちもシフォンは敏感に感じ取ってるやろなと思います。
ほんま試行錯誤して当然ですよね。それに、みんながみんな同じではないし、だから余計に悩みますよねf^_^;)



Commented by asakoaa at 2016-06-28 17:17
★シフォンさま

ホントーにご飯の悩みは尽きません。
最近。手作り派が多いー!と思います。悪いとは全く思いません。粗悪なフードよりずっとずっと良い筈。
手間隙と愛がてんこ盛りですしね。
私も以前は手作り派でした。でも。コレでいいのか?ホントーにいいのか??常に迷いがありました。
で。相談して、現在のご飯(フード+トライプ)で今は落ち着いています。
何ご飯か?考えるに当たって一番大切な事は。「消化に負担がない事」だと思います。
(下痢になったら、体力を一気に消耗します。コレをさせないことが一番です。)
消化に負担のないご飯を選択。ソレが出来ていれば、手作りでもフードでも何であっても良いのでは?と思います。
毎日のうんちがキッカブル!で。太ったり痩せたりしなければ、ご飯については問題無し。
そこへ。慢性腎不全なのでしたら、利尿作用のあるサプリを追加。とか。降圧作用のある食品やハーブを追加。とか。
ちょっとずつプラスしてみて、その都度、ワンコに負担がないかどーか。観察するしかないのかなぁ。。。と。
数学のようにはっきりしていませんで、その子によって正解が違う。そして、正解は一つでもなし。
その子のその子の様子を観察するしかない点が、私にとってはキリキリしますー
Commented by asakoaa at 2016-06-28 21:25
★追記。
フードでも良いとは思いますが、大方のフードは油まみれです。
悪い=酸化した。油はいけません。
腎臓に良いと言われている療養食だって、酸化油にまみれています。
腎臓っ子は気持ち悪くて食べられない。症状が出ますので
食いつきを良くする為、少ない量でもカロリーUPを狙い、大抵の療養食では油分が多いです。
腎臓に良いと言われている療養食を信じて与え続けた結果。
膵炎になってしまったり、たんぱく質が足りなくて身体を削ってしまったり。諸々の問題があります。
私は。療養食は選択しません。
by asakoaa | 2016-06-21 21:54 | 慢性腎不全 | Comments(3)

てんやわんや~!!・・の成長日記


by asakoaa