アジリティへ。

今日のフィールドには、ビギナーコースのハードルとトンネルが設置されておりまして
「ニコちゃん。ちょっとやってみる?」と。
(上達の近道は失敗させないコト。無理せずコツコツが一番なのですが、ニコちゃんはもう出来るんじゃないかなぁ?とのコトで。)
c0140260_23171035.jpg

全コースではなくって、抜粋編。
「3ハードル→4トンネル→5ハードル→6トンネル→7ハードル」
c0140260_23175384.jpg

結果。ニコは分かっています。ビギナーズラック♪とも言えますが、あっさりクリア。
でも。ワタクシは分かっちゃいません。ハンドリングが全て。曖昧なコトすると迷っちゃう。
ハンドラーはもちろん一緒に走るのですが、ワンコの足には追いつきませんのでね
内側で的確な指示を与える。的確な指示とは、次の障害物がちゃんと見える位置に誘導し
次はアレだよ!と教え、更には最短コースを辿れるように。即ち。ハンドリング。するのです。

あー。。。ワタクシ。タイムとか考えてなかった。 ヽ( ´ー`)ノ
ゆっくりでも。一緒に楽しく走れるといいねぇ。だけでした。 ( ・◇・)
でも。クリーンラン♪で駆け抜けるとニコのテンションも上がって、ホント嬉しそう♪
となると。タイムなんてどーでもいいワタクシであっても、気持ち良く走らせてやりたくなる。

斜めに設置されたハードルから最短でトンネルに向かわせる為には、どの角度から入ったらいいのか?
ハンドリングする手も途中で左→右へと変わる。
えっ?!えっっ!!!ともたもたするとニコの足も止まっちゃう。
アジリティ。奥が深いねぇ。。。

トンネルに抵抗感のあるルカ。(ワタクシ似ですんで、疑り深い。-ω-; )
でも。今日は。抵抗感も薄れた! ルーも楽しく走ったよー♪



障害物をクリアさせる為には、教えなければいけない。
日本語の通じない(ま。おっさん犬にはある程度は。通じるケドね)ワンコに教える為には
「オビディエンス=服従訓練」が不可欠です。
何も。服従自体が目的ではないのです。
(ぴったり決まる綺麗な素早い動作をさせるコトはもっと上の段階ですね。
 でも。ソレが出来るようになれば、また違う楽しさがあるんだろーニコルカは出来ないケド。)

次はナニの指示がくるのか。次にナニをするのか?常に飼い主に注目する事が大事。
もっと言えば 「次はなに?なに??」 ウッハウハで動いてくれたらしめたもの。 ヽ( ´ー`)ノ

この点をよく分かっちゃいなかったワタクシは、オビの大切さを理解できないままに
訓練に通い〜 結果。あまりにも出来ないルカに嫌気がして〜 結果。落ちこぼれちゃった。
(あ。ニコルカとも。バカ犬ではありません。ワタクシがバカで落ちこぼれちゃったのよ。)
でも。ワタクシは理解出来ていなかったけれど。
それでも。ひとっちさんは基礎を仕込んでくれていました。
コレが今になって大きな貯金になっています。 ヽ(^◇^*)/
アジリティに限らず。ワンコと何かを一緒にしよう。と思ったら、オビディエンスは不可欠だし
何事もの基礎になるんですから、もっと真剣に考えよーよ。と。
感謝して。痛感。なんでした。
by asakoaa | 2016-04-08 23:33 | 今日のニコ&ルカ | Comments(0)

てんやわんや~!!・・の成長日記


by asakoaa