始めた事。

さて。慢性腎不全のニコにナニが出来るかな?
考えた結果。

1. ご飯(&おやつ)の見直し
2. ACE阻害剤の投薬


■ 日々のご飯 ■
コレは基本中の基本。
ワタクシはS★Dさんのフードプログラムに参加しておりまして、日々のご飯は(ご飯だけは)最良である。と信じています。
以前は手造り食だったのですが、4年前から切り替えまして、切り替えた以降は
「目に見えて毛艶が良くなった。嘔吐が殆どなくなった。決まった食事は管理がしやすい。」
良いと言われている手造り食ではありますが、ワタクシのなんちゃって手造りより、S★Dさんのご飯は良い事づくめ。でした。

が。おやつがいけなかった。。。 (*_*)
肉を中心にした、高タンパクで吸収率が高いものを大量に与えておりました。結果。過タンパクであった。と反省です。
でも。同じ食内容で過ごして来たルカに症状は見られませんので、ニコの発病は遺伝的な要素なのだと思います。

(遺伝だからしょーがないよね。と開き直っているんではなくって、遺伝的に弱い部分があったんだから
 ちゃんと確認して、ちびの頃から気を付けてあげていれば良かったのに。。。という自戒です。)
c0140260_0425161.jpg

腎不全に大敵なのが、タンパク質とリン。
腎臓の主な働きは、濾過。です。
タンパク質やリンを摂取致しますと、どうしても毒素が出てしまう。コレを。毎日毎日濾過し、シッコで排出しているんですね。
腎機能が正常であれば、気にする必要はないのかも知れませんが、機能が失われつつあるんだから、当然排除しなくちゃ。となります。
毒素が出てしまうタンパク質やリンを排除した、療養食を与えてあげればいいんじゃないか。とも思いましたし
医師からも療養食を勧められました。

でも。。。。。考えて見て下さい。犬です。まだ7歳になったばかりの犬です。
運動量は若い頃と比べても落ちてはいません。
犬の食事にタンパク質は不可欠です。まだ若い犬でしたら尚更です。
悩んだ結果。療養食へ切り替えるのではなくて、今までのご飯からタンパク質を加減する。(加減の具合が難しいですケドね。)

 ● フードの割合を減らす。
 ● 水分を今まで以上に与える。
 ● ハーブやサプリ、酵素を取り入れる。


一番に見直すべきは「おやつ」です。
ご飯で十分なタンパク質は摂取出来ていますので、過剰にならないように。
でも。モチベーションを上げる為には指向性の高いものを。
指向性とタンパク質量は比例するのですよね。
しかも。リンはあらゆる食材に含まれますし、コレまた。タンパク質量が上がればリンも上がる。
悩み中〜〜〜
c0140260_0432512.jpg

■ ACE阻害剤の投薬 ■
ACE阻害剤とは。心臓疾患の初期段階の薬です。
心臓と腎臓とでは違うものの・・・腎臓負担を軽減させる。と言う臨床結果が確定しているそうで
心臓と併せ、腎臓病の標準投薬ともなっております。副作用も殆どないそう。
強い薬ではないので、劇的な症状改善はありません。(もともと。腎機能の修復はありえませんし。)
でも。疲れた腎臓や血管に「ちょっと休みなさいねー」と言う機能があるそう。
ネックと言えば、飲み始めたらずーと続けるコト。
ま。途中で止めてしまったとしても、さしたる副作用はないそうですが、続けた方が、もちろん良い。
ずーと。となりますと、気になりますのが、お金です。
高価な薬ですと毎日のコトですので、負担になりがちですが、ニコの場合¥3,000@月 程度です。
(ジェネリックですと、もっと安価にも購入出来ます。)
さほどの負担ではありません。でも毎日忘れないようにしなければ。。。と。違う神経がぴりぴりします。(笑)
本日(2/28)〜始めました。
by asakoaa | 2015-03-01 01:05 | 慢性腎不全 | Comments(0)

てんやわんや~!!・・の成長日記


by asakoaa