宮渕の水道局併設グラウンド

今朝も冷えました。
でも。冷えれば冷えるほど、すっきりとした青空に。
c0140260_21141298.jpg

晴れさえすれば、こっちのもん♫
どんなに気温が低かろうが、晴れさえすれば、ぽかぽかなのですヨ。
雪も殆ど残っていないし、いつも通りのディスク&ボール三昧。
c0140260_21145578.jpg

このグラウンドは我が家から歩いて10分程度。
近いし、いつでも手入れされていて芝が綺麗だし、何と言っても常念岳が正面に見えるし。ワタクシのお気に入り。(ニコルカも)
ノーリードに煩いおばちゃんがご近所にいらっさるので、リードは必要ですが。。。
(まぁなんと言うか・・・脱走云々よりも・・・見た目の対策です。)
c0140260_21152288.jpg

c0140260_2115442.jpg

c0140260_2116430.jpg

ディスクをキャッチしたら、張り切って持ち帰る〜
c0140260_21175032.jpg

「持って」「持って」 のワタクシのコマンドに、健気に応えるニコさん。
c0140260_21185940.jpg


ワタクシ。実は。昨年の夏だったかなぁ。。。上記のおばちゃんと盛大にケンカしたんでした。

おばちゃん「絶対に犬は離さないで!!!」
ワタクシ 「ちゃんと見てます。何処にも行きません。」
おばちゃん「勝手に嗅ぎ回ってウンチして、ソレに飼主は気が付かないのよ。
      お子さんだって遊ぶグラウンドなんだし、ウンチを放置しないで。」

ワタクシ 「ウンチは家で済ませています。っていうか、放置するとかあり得ないし。」
おばちゃん「犬の放置ウンチが町会で問題になってるのよ。あなたでしょう!!!」
ワタクシ ・・・絶句。の後。「ジョーダンじゃないわよー!ウンチどころかマーキングだってさせないようにしてるんだわっ」
おばちゃん「あなたじゃなくたって、現にウンチがあるんだから、誰かが違反してるのは間違いないのよっ!」
おばちゃん「それに。リードがなければ犬は逃げるでしょう。どうして離すの。」
ワタクシ 「リードを外したって何処にも行きません。遊んでるだけです。リードは邪魔なんです。」
おばちゃん「リードから離れた犬は、知らない人が見れば怖いのよ。」
おばちゃん「道路に飛び出したら轢かれて即死よ!あなた自分の犬が可愛くないのっ!!!」
おばちゃん「何処にも行かないって言うけど、犬に絶対なんてないのよ。絶対にないの。絶対よっっっ!」


・・・と叫び、自身の連れていたチンコロ犬(多分シーズー ずーと吠えまくり。)を引きずって去って行きました。。。
c0140260_21254745.jpg

ケンカと言うよりは、一方的に捲し立てられた感もあり、タイヘン悔しかったのですが、おばちゃんの言う事にも一理あり。
ワタクシはニコルカの事を知っていて、大丈夫だと判断してリードを外しますが、他人はニコルカの事なんて知りません。
公共の場だというのに、犬嫌いの方はノーリードの犬がいれば、近寄る事さえ出来ない。なんてコトもあるでしょう。
c0140260_21261461.jpg

でも。リードがあるとかないとか。カンケーない。夢中で遊んでいるのに脱走とか、あり得ない。
もっと言えば。ちゃんと躾が出来ている子は、いつでも飼主に意識を集中させているので、勝手な行動を取ったりはしません。
 (・・・あ・ニコルカはまだまだですケドも。)
c0140260_21305945.jpg

でもソレって。そおいう犬を見た事も、飼った事もない人からしてみれば、信じられない事なんだろうなぁ。
ワタクシだって知らなかった。。。
人と犬との関わり方。飼い方。人それぞれにそれぞれの意見やらポリシーやらがあって、様々です。
人それぞれの事情があるんですから、様々なのは当たり前だけれど、なんと言うか差が大き過ぎる。
c0140260_21312222.jpg

上記の件で1番に腹が立ったのは、言いがかりを付けられたコトでもなく、結果、リードを付けるコトになったのでもなく
そのおばちゃんが、自身の連れていたワンコに対して・・・

「お宅のは知らないけど、家のは馬鹿だから逃げるのよ。」
「馬鹿だからしょーがないの。」
「馬鹿だから。馬鹿だから。」
 とバカを連呼していたコトです。

ちゃんと教えてあげた上で、冷静に判断して言うのならともかく。
何にも教えてあげていないくせに。しかも。自分の犬に向かって。

「バカって言うなーっっっ!!!」 腹が立ったのです。
c0140260_21264033.jpg

・・・と言う経緯もありましたけど、今日も張り切って、使わせて頂きました。
by asakoaa | 2015-01-07 21:36 | お散歩 | Comments(0)

てんやわんや~!!・・の成長日記


by asakoaa