岩州公園

本日は、烏川渓谷と並ぶ、ニコの大好きなお散歩スポットのご紹介。
「岩州公園」です。
c0140260_22101980.jpg

とてもとてもマイナー&辺鄙な場所です。正に知る人ぞ知る。
公園と呼ぶには、ちと険しい。。
登山と呼ぶには、大袈裟ですが、山の稜線を歩ける遊歩道です。
岩殿山の南の稜線続き、明科町(安曇野市)と生坂村にまたがる岩峰群。
「岩州」の名前のとおり、見応えある岩が随所に点在しております。
また、北アルプスを望む絶景スポットでもあります。
(各所に展望台はあるものの・・
 軽装で行ける範囲で、ここ以上のスポットはなかなかないのでは?と思います。)

細い林道を登ると。じゃん!お決まりの神社。「山の神」があります。
「今日もニコが無事に戻ってきますように。。」祈りながらリードを外します。
c0140260_2210466.jpg

まずは、「蛇岩」
(岩が蛇のように起伏していたり、岩蛇がよく出たので名づけられたという。
 昔ここに大蛇がいて通行人を悩ましたので
 猟師が南隣のふんぐり冷やしの山の神に祈願して退治したという)

今はいませんよ。ワタクシが通った時はいませんでした。(と、思う。)
c0140260_221157.jpg

お次は・・「白州岩」
(大正時代まで日照り続きで困った時
 潮沢の人々はここで百八燈の松明をたいて雨乞いをした。
 矢下沢、名九鬼、柏尾方面が眺望できる。)

岩の上に上がると、それはそれは清清しい!!
しかし、足元を見れば絶壁。高所恐怖症の方へはお奨めできません。
c0140260_22112760.jpg

どんどん行きましょう。「投越岩」
(向かって右は男岩、左は女岩で、子供が欲しい夫婦が岩に願いをかけ
 岩へ片手をつけたまま小石を投げ
 男岩を投げ越せば男子が、女岩を投げ越せば女子が生まれるという)

え~と。。。ちょっとムリ。
なかなか高いのですよ。片手をつけたまま投げ越せる腕力があれば
スポーツ各方面から、スカウトが殺到するのでは??
c0140260_22141758.jpg

まだまだあります。「烏帽子岩」
(形が烏帽子に似ているので名づけられた。
 岩がとびとびに続き猿が跳んで遊んでいたという。
 昔北隣の猿が城を守っていた武士が、敵に追い詰められ
  この岩から猿のように跳びおりて池沢方面へ逃げたという)

え?え~と。。。これもちょっとムリ。
断崖なのですよ。跳び下りたら、即死は必至。
昔の人はより猿に近かった為、跳び下り可能。・・・だったのでしょうか??
c0140260_22175893.jpg

このように、行く先々に曰くありげな岩が待ち伏せております。
ワタクシは特に岩が好きな訳ではありませんが
岩のない山道を行くのに比べれば、岩のある山道を行く方が楽しい。
(ニコはどっちでも良いそうです。┐(´-`)┌ )

まだまだあるのですが、長くなりそうですので、次回へ続く。
by asakoaa | 2009-02-18 22:25 | お散歩 | Comments(0)

てんやわんや~!!・・の成長日記


by asakoaa